ソフトテニス、時々趣味

ソフトテニスは、YONEXの緒方優紀情報を中心に。 時々(ネタがない時!?)趣味ネタが入ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中学2・3年の頃の練習

もう1度、前もって断っておきますが、私は凄いプレーヤーでも凄い指導者でもありません。(


今回は、中学1年生から少しステップアップして2・3年生の頃の練習を紹介したいと思います。


1年生の頃の「常に考えながら練習する」から「常に目的意識を持った練習を行う」や、「常に試合中のプレー(展開)を意識した練習」に移っていきます。


例えば前衛のボレー練習の場合ですが、まずよく見かけるのが、前衛がただボレーを打っていること。

前衛は的確なポジション取りからボレーへの動き始めが重要ですよね。

でも、よく見かける練習は、より多く打てるようにどんどん球出しを行い、早く回そうとすればするほど、ポジション取りも動き出すタイミングも考えない(考える暇も与えない)練習になっているようです。


なので、球出しのスピードはある程度、前衛のペースに合わせてもらうとして…


?まずは的確なポジションにしっかり立つ。

?そして動き出すタイミングをしっかり見極める。(この時に色々なフェイントを入れたりするのも面白いでしょう)

?色々ボレーを打つコースを変えてみる。


ボレー練習としては、すごく当たり前のことを書いていると感じられたと思いますが、ついつい流れ作業のような練習になりがちじゃないでしょうか。

なので、練習という感覚はなるべく捨て、試合により近い感覚で取り組むことがポイントではないかなと思います。(飛んでくるボールだけでなく、自分のポジションや動き、動き出すタイミング等、より多くの事に、どれだけ集中できるかどうかが鍵になると思います。)


ボレーをする前衛だけでなく、球出しをする後衛にとっては、狙ったコースに同じスピードで常に打ち続けることは、いい練習になります。

それに、玉拾いをする人達もラケットの面等でボレーのコースを見極める練習ができますし、ポーチボレーをされた際の反応を早くする(どれだけ早く反応して動くか)練習もできます。


前衛練習を例にしてみましたが、同じように後衛練習等にも応用できると思います。


つまり、練習時間を増やさなくても、練習内容をどこまで濃くできるかを突き詰めていく事が大切ではないかと思います。

まずは難しく考えず、玉拾い1つにしても、いかに楽しくできるか、いかに色々な練習を取り混ぜていけるかを考えていくと面白い練習になるし、内容も濃くなっていくのではないでしょうか。


梅雨の時期ですので、練習時間も限られてくると思います。
そんな少ない時間でも何倍にも濃い練習ができ、レベルアップにつなげられるよう頑張ってください!

エラソ~な事を2回続けて書いてしまいましたが、もちろん、自分自身にも言い聞かせて練習します…
σ(-。-;)
今年の目標は「中学生レベルからの脱却!」ですので…
※約10年のブランクは相当なものです...

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

ソフトテニス(Kei) | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。