ソフトテニス、時々趣味

ソフトテニスは、YONEXの緒方優紀情報を中心に。 時々(ネタがない時!?)趣味ネタが入ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中学の思い出①

全中が始まりましたね。


なんとなく、中学の頃を思い出してみたので、今回は自分の中学の頃を書いてみたいと思います。

(そういえば、以前にもふざけた中学生だったという記事を書いていましたが、え~っと、またふざけた中学生だったという話です。なので、見たくない方は見ないでくださいね…)



私は中学から軟式庭球(あ~懐かしい響きを♪)始めたのですが、中学での思い出は、つい最近のように鮮明に覚えています。(もう20年以上前の事ですが…)


入部した当初、1年生は5人しかいなくて団体戦が組めないと嘆いていましたが、夏頃にサッカー部を辞めた保育園から一緒の幼馴染のT君が入部。


やっと6人揃ったと喜んでいたら、2学期に入りサッカー部からあと4人入ってきました。


その後、ポツリポツリと2年の途中まで入部があり、最終的には13人と最初の倍以上にまで増えました。


顧問の先生は、30代前半の若い男の先生で、長身でパーマをかけた車とバイクを愛する酒好きの先生でした。

(ん~、なんか変わった先生のように思われるかもしれませんが、他校の顧問の先生と比べたら十分変わっていると思います。それ以上に部員は変わっていましたが…)


この先生の練習は非常に厳しく、ある日の前衛アタック止めの練習中に、どうしても顔を避けてしまう先輩に往復ビンタで「避けるな!」と大声で注意されていた時には、玉拾いしながら「絶対に前衛にはならないようにしよう」と思ったほどでした。


入部した時は、3年生が2人、2年生が8人(くらいだったと思います)で、学校に3面あるコートの1面を使って練習をしていました。


鶴城中学校の女子といえば、毎年全国に出場するような有名校だったので、朝早くからの朝練、放課後は猛ダッシュでコートに入り、厳しい練習があっていました。


学校の3面のコート中の2面以外にも、近くにある市のコートを借りて、レギュラー組とそれ以外に分けて練習がされていました。(部員数が多かったので)


当然男子は、超有名な女子に押されて「隣のコートを使わせていただいています」的な感じで小さくなって練習をやっていました。


最初の中体連の予選が終わるまでは、練習のほとんどをコート外の駐車場で、素振りや筋トレで過ごしていました。


2学期に入り、前述のサッカー部からの入部があり、1年生も本格的な練習を少しずつさせてもらえるようになるのですが、そのサッカー部からの移籍組が異常な早さで上手になっていくんです。


実は、小学校6年生のときの宇土小学校サッカー部は、T君を筆頭に上手な子がたくさんいて、県のトップレベルの実力があり、T君は小学生のうちから県の有名高校の監督からお誘いがあるくらいでした。


もともと運動神経もいいし、体力もフットワークも鍛えてある5人だったので、後に全員がレギュラー組の8人の中に入ることになります。


さて、そんな移籍組と当初からの入部組なんですが、まぁ~これが個性派揃いが集結したような面々で、上級生がいなくなる(2年の夏になる)と、恐ろしいと感じた先生さえも変えてしまうほどの実力を発揮し始めます。


当時、練習着は学校の体操服か、体操服の短パンと胸にワンポイントの白Tシャツというのが決まりでした。


それを徐々に変えていきます。


私と幼馴染のT君は、背中にデカデカと派手なプリントが入ったTシャツや、白以外のTシャツを着だします。


おまけに、当時ではご法度とされていたTシャツと短パンの外に出して着るということも平気でやりだします。


先生に注意されてもやり続けます。


おそらく先生もイライラしてたと思います…(先生、ごめんなさいです)


根底に「なんでワンポイントの白Tシャツじゃないといけないのか」「なんでTシャツを短パンの中に入れないといけないのか」という疑問があったんでしょうね~(汗)


また、当時流行った映画の「トップガン」の中で、トムクルーズがビーチバレーをしているシーンがあって、そこでかっこよくハイタッチをやっているのをT君と見て、練習中にそのハイタッチをいかにクールにできるかという練習をやったり…


先生は頭を抱えていたような…(ホントにごめんなさいです)


また、ある練習試合の時、Y君のお父さんの高級車に乗って、私とT君は人生初の高級車に「全然ゴツゴツしないし、スムーズばい!」と、はしゃぎながら対戦校に向かいます。


しかし、高級車に乗ったことがない2人は、あまりのスムーズな挙動でワインディングロードを走る車に、これまた人生初の乗り物酔いをしてしまいます。


対戦校に着いても起き上がれない2人(おまけに主将と副主将ときたもんだっ)


やっと1時間後くらいにアップを始め、その後、陰でゴソゴソとする2人...


やっとコートに姿を見せたと思ったら…


学校のユニフォームではなく、当時活躍していた「ステファン・エドバーグ」のユニフォームを着て華々しく登場します。(もちろん短パンの中には入れません!)


こんなデザインでした。
    ↓
ステファン・エドバーグ



もちろん、先生は絶句しました…


ただでさえ、車酔いをして挨拶にも参加できずに迷惑かけてた主将と副主将が、やっとコートに現れたかと思えば、当時では珍しい派手派手な服を着て、「じゃじゃ~~ん!!」とか言って登場してるし…


当時、県の上位に入ってくるだろうと思われていた学校だったのですが、着たかったユニフォームが着れてモチベーション高いし、なにしろこんなユニフォーム着て負けてたら恥ずかしいってことで、確かほぼ4-0か1で全勝したと思います。(これで負けてたら帰って先生にボコボコにされるのは間違いない


あ~、書いてたら次々に思い出す出来事がたくさんあります。


長くなったので、続きはまた次回に…



※いつも読んで頂いております「SORAの母」さん、
全小での「団体優勝」、「個人準優勝」おめでとうございます!


すごいですね~!!!


こりゃ、将来はYONEXですな!!(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ソフトテニス - ジャンル:スポーツ

ソフトテニス(Kei) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。